※画像はイメージです
処理が困難な蛍光灯の処理業者選定をサポート
業種
小売店(東証1部上場)
店舗数
約350店

こちらの例では、2017年10月の法改正によってこれまで委託をしていた処理会社様が蛍光灯(水銀使用製品産業廃棄物)の処理が行えなくなってしまったので対応してほしい、というご相談を頂きました。

この法改正によって、受け入れられる処理会社様が減ってしまい、遠方の処理会社様まで運ばないといけない状況も起きています。弊社としましては、多くのお客様の蛍光灯回収をルート構築することで、少量の排出事業者様においてもコスト負担を最小限に抑えるためのご提案を可能にしています。

BEFORE

ご相談いただいた背景

これまでの委託先業者が急に蛍光灯の回収ができなくなり困った。

2017年9月に法改正があり、委託先業者は回収できなくなった。

SERVICE

当社のサービス

特殊品目手配サポート

AFTER

1-

適正処理ができる処理業者選定サポート

蛍光灯の種類、物量、エリアをヒアリングし、適正処理ができる処理業者の選定をサポート。新しい委託先業者により蛍光灯の回収スキームが構築できました。

他の事例を見る

VIEW ALL

CONTACT

廃棄物マネジメントに関するご相談はこちら

メールフォームでお問い合わせ

メールフォームでお問い合わせ

問い合わせフォームへ

電話でお問い合わせ

電話でお問い合わせ

03-5542-5300

受付時間 9:00〜19:30