※画像はイメージです

百貨店における廃棄物処理に関わる作業員の適正化

業種
大規模施設 百貨店
店舗数
30拠点

大規模施設では廃棄物の移動・分別・積込みなどの作業員を常駐し、施設運営を行っているが、過剰な人員配置や誤った作業工程で運用されている施設も多い。当社の現地確認サービスでは、現状のオペレーションを可視化・課題を抽出し、お客様のニーズに沿った適正なオペレーションへの変更をご提案します。

BEFORE

ご相談いただいた背景

作業員の適正フロー構築

廃棄物処理費用の適正化ということで、収集運搬費や処分費用には着目して取り組まれていたが、収集運搬処分会社に回収してもらうまでの施設内作業の行程や人員の配置までは見直すことをしていなかった。

お客さまのニーズ
  • 常駐作業員の適正フロー構築
  • リサイクル率とコストのバランス

SERVICE

当社のサービス

コスト適正化

AFTER

1-

常駐作業員の適正フロー構築

現状の作業を現地調査を通じて余分な作業を行っている時間帯や人員を把握。廃棄物が集積場まで集約されるまでの導線と回収までの作業時間を可視化したうえで適正人員とフローを構築した事により人員コストを4名から2名への削減となった。

2-

リサイクル率とコストのバランス

常駐作業員の適正フロー構築での人員削減を行う事でリサイクル率の低下が危惧される中、効率的な分別方法を運用することで、焼却されていた紙ごみがリサイクル化に代わり、リサイクル率の向上に繋がった。
(65%から75%)

他の事例を見る

VIEW ALL

CONTACT

廃棄物マネジメントに関するご相談はこちら

メールフォームでお問い合わせ

メールフォームでお問い合わせ

問い合わせフォームへ

電話でお問い合わせ

電話でお問い合わせ

03-5542-5300

受付時間 9:00〜19:30