2019.03.18

SDGsへのコミットメント

 

持続可能な開発目標(SDGs)とは、
2015年9月に国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された
「17の目標」と「169のターゲット」からなる国際目標です。

合言葉は、「地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)」。
この言葉からもわかる通り、SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組む普遍的なものです。
そして、取り組むべき主体は国だけではありません。
グローバルに展開する大企業はもとより、日本の中小企業、そして個人も
この目標に対して本気で行動を起こさなくてはなりません。
いかなるステークホルダーのインパクトも、決して小さくないのです。

当然のことながら、私たちサティスファクトリーも
SDGsに取り組む主体の一員であると考えています。

私たちは、20年以上廃棄物の課題解決に尽力してきました。
そして、廃棄物を起点に、
ひろく環境・社会課題に対するソリューションを提供していきます。
 
ここに、あらためて宣言します。
サティスファクトリーは、事業を通じて、SDGsに取り組みます。