環境 2020.10.05

プラスチックで 果たす企業のSDGs

誰一人取り残されない取組みこそ価値あるSDGs

企業にとって「価値あるSDGsへの取組み」とは何でしょうか。

貧困問題を解決するための取組みでしょうか。

環境問題を解決するための取組みでしょか。

途上国の発展を支援するための取組みでしょうか。

 

プラスチックに関わるSDGsへの取組みとは

「一切使用しない」「すべて代替え品に変える」というような

何かを一つ変えれば達成できるようなものではありません。

 

「入口から出口までのすべてにおいて持続可能性である取組こそが最も価値ある取組」

つまり

「従業員を含めたすべてのステークホルダーを自社の新たな価値観から置き去りにしないこと」

それがこの取組みを実現するために必要なことであると考えます。

 

是非、本レポートをご覧ください。

 

レポートのダウンロード

レポートを無料でダウンロードできます。
ダウンロードはこちらから

 

 

 

情報提供から実行支援までSDGs・ESGの企業対応を支援しています。 取材・セミナー等のご依頼はこちら
お電話でもご相談ください!03-5542-5300

 

この記事を書いたアナリスト

サティスファクトリー編集部

サティスファクトリーコンテンツ編集部です。 環境のことについて、今できることを考え情報を発信しております。