環境 2020.10.12

第4次産業革命と資源循環

パソコンやスマートフォンなど、従来のインターネット接続端末に加え、家電や自動車、ビルや工場など、世界中の様々なものがネットワークにつながるようになっています。これらのIoTデバイス等により収集されたデータがビッグデータであり、このビッグデータをAIが解析し、利用することで新たな付加価値が生まれます。

ビッグデータ、IoT、AI等の活用で「モノ」の需要者と供給者を迅速にマッチングすることが可能となり、個人・企業などが保有する「モノ」を他者に対して提供する「シェアリングエコノミー」が拡大しています。そして、以前であれば活用されず廃棄されていた「モノ」がシェアリングエコノミーにより活用されるようになっています。

シェアリングエコノミーは消費者にとって経済活動の新たな選択肢となり、消費生活を更に豊かにします。また、それと同時にモノや空間等の資源の効率的な活用による天然資源投入量や廃棄物発生量の削減、移動手段や空間の共有等によるCO2排出量の削減といった環境面の効果も期待でき、過剰消費と使い捨て文化に替わる新たなライフスタイルをもたらす可能性があります。

 

是非、本レポートをご覧ください。

レポートのダウンロード

レポートを無料でダウンロードできます。
ダウンロードはこちらから

 

 

 

情報提供から実行支援までSDGs・ESGの企業対応を支援しています。 取材・セミナー等のご依頼はこちら
お電話でもご相談ください!03-5542-5300

 

この記事を書いたアナリスト

サティスファクトリー編集部

サティスファクトリーコンテンツ編集部です。 環境のことについて、今できることを考え情報を発信しております。