【入力60秒】廃棄物処理の見直し 簡易見積り
環境 2020.12.07

食リは再エネ推進でどう変わるか

食品リサイクルは、食品廃棄物の有効活用と発生抑制を目的として2001年食品リサイクル法施行により開始した。最新統計(平成29年度)でその実施率は、食品産業全体の84%まで達している。

食品リサイクル法施行後20年目を迎えた現在、グリーン産業は経済と環境の好循環を作り出すファクターといえる。これは、菅首相の所信表明に含まれている事でも明らかだ。その中でも再生可能エネルギーの導入促進は重要な国家戦略である。

再生可能エネルギーの一つであるバイオマス発電は、食品リサイクル用途の1つにあたるが、その割合は極めて低い。導入促進をすすめる再エネ戦略によって食品リサイクル業界に与える新たな影響とは。

是非、本レポートをご覧ください。

レポートのダウンロード

レポートを無料でダウンロードできます。
ダウンロードはこちらから 

 

 

 

 

 

 

 

 

情報提供から実行支援までSDGs・ESGの企業対応を支援しています。 取材・セミナー等のご依頼はこちら
お電話でもご相談ください!03-5542-5300

この記事を書いたアナリスト

サティスファクトリー編集部

サティスファクトリーコンテンツ編集部です。 環境のことについて、今できることを考え情報を発信しております。