【入力60秒】廃棄物処理の見直し 簡易見積り
環境 経済 2021.10.18

気象ビッグデータと経済ロスの軽減

近年の気候変動にみる日常生活や社会の「損失」は顕著です。

環境変化は、大量生産・大量消費・大量廃棄の日常化が要因とされており、

需要を見極めた供給の見直しで好循環を促さなければなりません。

 

一方、気象業務法は、良き人類の発展を目的としています。

健全な発達を図り、もって災害の予防、交通の安全確保、

産業の興隆等公共の福祉の増進に寄与するとともに、

気象業務に関する国際的協力を行うことを目的とした法律

 

今回、気象庁によって記録された過去の気象ビッグデータから、

少しでも経済ロスが軽減できる利活用を調べてみました。

 

是非、本レポートをご覧ください。

 

1.経済ロスは気象災害によってつくり出されている

 <気象災害がもたらす経済への影響>

  • 世界の気象災害は50年間で5倍増加、経済損失は3.6兆ドルにのぼる。
  • 気候による建物、作物、サプライチェーンの実害は、企業や投資家の損失を増大する。
  • 気温が1度上がると、経済成長率に約0.36%~5%程度のマイナスが生じる。
  • 降水量1mm以上の日が1日増えると、一人当たりの消費支出が約300円減少する。
  • 気象災害を予測できなければ、消費の見込みはたたず、生産のリードタイムを左右する。

 →「ゼロ」にできないロス、軽減策のハードルを下げるには

 

2.気象データを活用して予測・意思決定・効率的な経済活動へ

 <気象災害がもたらす経済への影響>

  • 気象庁POSデータの共有で過去から需要を予測して、効率的な生産管理が企業や社会全体の利益に資する。
  • 過剰に見積もられていた必要数を、需要に見合った生産に変化させ、未使用廃棄などのロスを軽減する。
  • 需要予測の精度を向上させ、返品・返送・廃棄などによる物流コストやエネルギーを削減する。

 →ロス軽減の実現で社会構造はどのように変化するか

 

3.売上だけではない、生産性向上の潜在力

 <気象データの分析からの波及>

  • 気象データは、先端技術や他データと組合わせて企業に分析される。
  • 物流量を可視化すると生産リードタイム短縮が可能になり、原料調達リスクや在庫ロスが軽減する。
  • 従業員の労働時間短縮による経営改善で企業の経費削減につながる。
  • 次世代物流システムを介せば、生産計画管理を強化して更なるロス軽減を実現する。

 →経済向上と経済ロス軽減の両輪で、生活にゆとりある豊かさを

 

4.気象ビッグデータの利活用の充実性

 <気象データからはじまる好循環>

  • 経済ロス軽減のための気候変動への適応策・緩和策は、巡ってCO2削減に繋がる。
  • 環境変化の緩和により、人々の生活循環にもより良い変化が生じると考えられる。
  • 統計値(過去の観測データ)と予測値(予報や予測データ)から見通しを立てて持続可能な未来へ。

 →気象解析力と予測力で、自然と調和できる社会づくりへ

レポートのダウンロード

レポートを無料でダウンロードできます。
ダウンロードはこちらから

 

 

 

情報提供から実行支援までSDGs・ESGの企業対応を支援しています。 取材・セミナー等のご依頼はこちら
お電話でもご相談ください!03-5542-5300

 

この記事を書いたアナリスト

サティスファクトリー編集部

サティスファクトリーコンテンツ編集部です。 環境のことについて、今できることを考え情報を発信しております。

サービス案内・会社資料ダウンロード

サービス案内・会社資料ダウンロード

サティスファクトリーのサービスの詳細や
導入事例、会社情報のご紹介資料を
無料でダウンロードいただけます。