【入力60秒】廃棄物処理の見直し 簡易見積り
環境 2021.10.25

食品ロスを生まれ変わらせる

2020年、『バイオ炭』が炭素貯留の有効な方法として、

日本政府のJ-クレジット制度に認められました。

 

食品ロスの削減策として国内で約9割を占める肥料化・飼料化には

容器や異物など再生利用に適さない食品残渣の徹底分別が必要で、

病原性微生物など危険物質の混入防止も重要となります。

肥料も飼料も自然や家畜に与えるためには高水準の品質が求められるのです。

そのため、食品廃棄物を炭化し、炭を土壌改良剤として利用することが

発生してしまった食品ロスへの最善策ではないかと提言しています。

炭はほぼ炭素のみで構成されている無機物であり、物質的に安定しています。

 

今後も炭化、農地への還元の取り組みを日本全国に広め、

食品ロス削減に貢献していくために、是非、本レポートをご覧ください。

 

レポートのダウンロード

レポートを無料でダウンロードできます。
ダウンロードはこちらから

 

 

 

 

 

情報提供から実行支援までSDGs・ESGの企業対応を支援しています。 取材・セミナー等のご依頼はこちら
お電話でもご相談ください!03-5542-5300

 

この記事を書いたアナリスト

サティスファクトリー編集部

サティスファクトリーコンテンツ編集部です。 環境のことについて、今できることを考え情報を発信しております。

サービス案内・会社資料ダウンロード

サービス案内・会社資料ダウンロード

サティスファクトリーのサービスの詳細や
導入事例、会社情報のご紹介資料を
無料でダウンロードいただけます。