環境対策を合成ダイヤモンドから | 廃棄物処理のことならサティスファクトリー廃棄物処理のことならサティスファクトリー
【入力60秒】廃棄物処理の見直し 簡易見積り
環境 2022.02.28

環境対策を合成ダイヤモンドから

いつも身につけているアクセサリー。

その中でも、ダイヤモンドは永遠の輝きと言われている。

キラキラして美しく、筆者にとってこれを身に着けることは

モチベーションを高めてくれることの一つだ。

 

ただ、天然ダイヤモンドは値段も高く環境への負担が大きいとされている。

このままダイヤモンドを採掘していくとなると、地球はどうなっていくのだろうか。

低価格で地球に負担をかけない代替品はないかと思い、本レポートを作成した。

ぜひご覧いただきたい。

[ダウンロードはこちらから]

 

1.ダイヤモンド採掘による環境破壊が起こっている

 <環境への影響>

  • 1ctを産出するために1,000tの土砂が掘られ、3,890ℓの水を消費。CO2は108kg以上排出されている。
  • 住民が川床の砂利を堀り、川の中で洗い流す原始的な方法のほかにもパイプ鉱床・漂砂鉱床の方法で採掘されている。
  • 地球にダメージを与え元の状態に戻さない為、農地利用もできず放置され、人工池が散在している。

 →天然ダイヤモンドの代わりになる物とは?

 

2.CO2からダイヤモンドが作られている

 <合成ダイヤモンドとは>

  • 空気中からCO2を抽出し、巨大装置を使ってダイヤモンドに生まれ変わらせている。
  • Aetherでは空気生まれのカーボンネガティブダイヤモンドを製造し、品質認定されている。
  • バリュエンスジャパン株式会社によると、消費者は合成ダイヤモンドにまだ抵抗をもっている。

 →消費者に求められるには

 

3.ブランドへの導入により価値観を変化

 <導入の拡大>

  • 消費者が持つ本物へのこだわりや品質への不安に応えるため、天然ダイヤモンドと変わらない性質と美しさが求められる。
  • 合成ダイヤモンドが価値があって使いたいと思えるものになることが理想だ。
  • ラグジュアリーブランドでの導入を進め、消費者の価値観を変えていく必要がある。

 →抵抗なく自然に受け入れられる価値ある物へ

 

レポートのダウンロード

レポートを無料でダウンロードできます。
[ダウンロードはこちらから]

 

 

 

この記事を書いたアナリスト

サティスファクトリー編集部

サティスファクトリーコンテンツ編集部です。 環境のことについて、今できることを考え情報を発信しております。

サービス案内・会社資料ダウンロード

サービス案内・会社資料ダウンロード

サティスファクトリーのサービスの詳細や
導入事例、会社情報のご紹介資料を
無料でダウンロードいただけます。