日本企業が手掛けるハワイの鉄道 | 廃棄物処理のことならサティスファクトリー廃棄物処理のことならサティスファクトリー
【入力60秒】廃棄物処理の見直し 簡易見積り
環境 2022.03.14

日本企業が手掛けるハワイの鉄道

日本では若者の自動車離れが進んでいると言われている時代だが、

自動車に依存するアメリカでは環境破壊が大きな問題となっている。

 

そんな中、2022年にハワイにて日本企業による鉄道が開通された。

現地で鉄道を利用する習慣が根付くかは不透明だが、高い関心が集まっている。

筆者はこの開通を楽しみにしており、鉄道で少しでも脱炭素に貢献するべく

乗客を増やすためにはどうしたらいいか考察し本レポートを作成した。

 

ぜひご覧いただきたい。

[ダウンロードはこちらから]

 

1.自動車依存のアメリカで温室効果ガスの排出が増加している

 <環境への影響>

  • 世界自動車保有率第2位のアメリカは、自動車による温室効果ガスの排出量が問題となっている
  • 高速道路は無料で利用でき、自動車保険やガソリン代など自動車の維持費が圧倒的に安いため自動車依存が加速している
  • 2018年に排出された交通・運輸部門の温室効果ガスは世界第1位で、世界の排出量の約2割にあたる

 →自動車に依存しない具体的な対策とは

 

2.自動車から鉄道へのシフトで脱炭素に貢献

 <ハワイの取り組み>

  • オアフ島で日立製鉄所による鉄道「ホノルル・レール・トランジット」が2022年に一部駅開通、2031年には全駅開通する
  • 島を走る21の駅には観光客が訪れるスポットが多く、自動車から鉄道へのシフトでCO2削減につながり、交通渋滞も緩和する
  • 日本で主流の「鉄道を軸とした街づくり」がハワイに根付くかは未知数である

 →多くの住民が鉄道を利用するためには

 

3.住民の生活スタイルに合わせた鉄道作り

 <日本の鉄道をモデルに>

  • ハワイは鉄道に乗ったことがなく鉄道の利便性を知らない人が多いため、多くの乗客を見込めない
  • 多くの住民が乗りやすく、使いやすい鉄道を作り、乗客を増やすことが理想
  • 日本のSuicaのように利用範囲が広いICカードの制作や企業との連携によるアプリ導入など、住民の生活スタイルに合わせた施策で鉄道の便利さを高め発信することが求められる

 →多くの人に鉄道の利便性を伝え、環境に優しい交通行動を

 

レポートのダウンロード

レポートを無料でダウンロードできます。
[ダウンロードはこちらから]

 

 

この記事を書いたアナリスト

サティスファクトリー編集部

サティスファクトリーコンテンツ編集部です。 環境のことについて、今できることを考え情報を発信しております。

サービス案内・会社資料ダウンロード

サービス案内・会社資料ダウンロード

サティスファクトリーのサービスの詳細や
導入事例、会社情報のご紹介資料を
無料でダウンロードいただけます。