ビル管理“廃棄処理”という付加価値を。

ゴミ処理も管理することでクライアントの満足度向上、
収益改善/利益率の向上が見込めます。

ビル管理“廃棄処理”
という付加価値を。

ゴミ処理も管理することでクライアントの満足度向上、収益改善/利益率の向上が見込めます。

ゴミ処理にお困りの
ビル管理(ビルメンテナンス)
ご担当者様へ

こんなことでお困りではありませんか?

テナントの業態によって分別方法・出し場所・排出の時間・契約の形態が様々なので管理が煩雑

あるテナントと回収業者のトラブルが、他のテナントに対して悪影響を与えてしまっている

オーナーからゴミ廃棄の一括管理について相談を受けているが、手間が掛かり実現できていない

廃棄物処理を一括管理することでトラブルは減り、営業益も期待できるが、ビルならではの行政報告が多く煩雑

東京23区内なので一般廃棄物の取りまとめはできるが、産業廃棄物や粗大ゴミの対応が大変

廃棄物に関するお悩み、業者を変えたってダメだと思っていませんか...?

廃棄物の品目やテナントの特性に対応してくれる廃棄物回収業者を知らない

日常の業務に追われ、ゴミ回収の一元管理に手間を掛けられない

ゴミ回収を取りまとめることでコストメリットが発生することを知らない

ゴミ回収に特化してコーディネートしてくれる外注先があることを知らない

ゴミを取りまとめると、何かトラブルに巻き込まれるのではという不安がある

そのお悩み、
サティスファクトリー解決いたします!

サティスファクトリーがお客様と同じ視点に立って 収集運搬業社や処分業者を調査・分析・管理廃棄物処理に関わる問題を解決いたします。

お客様と同じ視点に立って問題解決

廃棄物やリサイクルに関する長年の実績専門的ノウハウ
お客様のニーズに最適なサービスをご提案いたします。

廃棄物一元管理

廃棄物一元管理

廃棄物処理におけるさまざまな業務を、お客さまのニーズに合わせたコーディネートによる専門性の高いアウトソーシングサービスで、トータルにサポートします。

リスクマネジメント

リスクマネジメント

廃棄物処理には不法投棄などさまざまなリスクが潜在しており、取り組み不足は事業継続において多大な影響を及ぼしかねません。有事の際の被害を最小限に抑えるためのリスクを軽減いたします。

コスト適正化

コスト適正化

実際に排出量に対して高い処理費用を払っていたり、排出量が減っているのに処理費が変わっていないことがあります。サティスファクトリーがお客様の排出量に適正なコストを算出いたします。

お客様事例

01

苦手なエリアにおける新規案件の受諾

苦手なエリアにおける新規案件の受諾

  • 業種ビルメンテナンス業
  • 業態オフィスビル
  • 店舗数1棟

背 景

Background

東京都内を中心にビルメンテナンス事業の運営をされており、地方での受諾実績は決して多くはない法人様であったため、地方の収集運搬処分会社の情報が少なく苦慮されたため、当社までご相談を頂きました。

サービス導入後

最適な廃棄物処理フローの構築及びコールセンターの活用

  • エリアにおける最適な収集運搬処分会社情報の提供および選定サポート
  • 各テナント様への分別指導や事務連絡も当社コールセンターにてサポート

02

各テナント様への分別指導や事務連絡も当社コールセンターにてサポート

多種多様な廃棄物処理フローの見直しによる収益改善

  • 業種ビルメンテナンス業
  • 業態飲食ビル
  • 店舗数5棟

背 景

Background

管理物件の廃棄物処理は以前からお付き合いがある収集運搬処分会社にまとめてすべてを委託していた法人様。収集運搬処分会社によって処理方法の違いや得意不得意があるという認識もなく、それによって廃棄物処理費用に大きな違いがあるとの認識もなかったため、見直しすることもなく予算ぎりぎりの運用を行っていた。

サービス導入後

年間利益率 約15%UP!

  • テナントから排出される多種多様な廃棄物に対する最適な収集運搬処分会社のマッチングを実現
  • 各テナント様への分別指導や事務連絡も当社コールセンターにてサポート

03

煩雑な廃棄物処理業務のサポート

煩雑な廃棄物処理業務のサポート

  • 業種ビルメンテナンス業
  • 業態多業種ビル
  • 店舗数約10棟

背 景

Background

管理物件が増えるにあたり、各テナント様との調整や書類手続き、管理、行政対応など煩雑な業務が過多になってきたため、アウトソースを検討した結果、あらゆるサポートが充実している当社へご相談をいただきました。

サービス導入後

間接コスト20%の削減!

  • 廃棄物処理について、専門的な知識のない不慣れな担当者で対応していたため、非効率に時間をかけていた業務の改善
  • 現場でのトラブルも的確で迅速な対応により、解決までのスピードも早まり、各テナント様の満足度向上

ゴミ処理にお困りの
ビル管理(ビルメンテナンス)
ご担当者様に

サティスファクトリーが
ばれる理由

ゴミ処理トータルにおける「相談窓口」として機能できる

テナントの業態によって細かく分類される廃棄物や個々の要望に対応し、多数の回収業者との最適なマッチングをコーディネートします。また、日々発生する不規則な事態にもコールセンターがスピーディーに適正な処理を行います。廃棄物に関する専門的な知識を持ったカスタマー担当者が対応いたしますので、ご安心いただいてます。

ゴミに関するルールの適正化といったテナントへの指導で、トラブルを未然に回避

様々な業態が混在する上、テナントによってゴミの回収の要望もまちまちです。テナント同士やテナントと回収業者とのトラブルが未然に回避されるように、個々のテナントに対するフォローも行なっています。

地域や行政によって異なるルールに対応し、ビルならではの煩雑で手間となる行政報告書作成も代行が可能

行政によって敷かれたルールに則って、できる限りゴミを減らすことはコストの削減にも繋がります。また、ビル所在地の地域によって細かく提出が要求されることがある報告書。例えば減量計画書、マニフェスト計画書、再利用計画などの作成はとても煩雑です。弊社は各地域のルールも把握しているため、ゴミの減量や報告書作成のサポートをさせていただいています。

ゴミ処理のコストを適正化させることで、テナントに対するサービスの付加価値がつく

多くのゴミ回収・処理業者の中からベストなマッチングをコーディネートします。また、マニフェスト管理、契約書作成、現地調査などといった廃棄物処理法で定められている排出業者責任を全うするためのサポートも行ってまいります。その結果、廃棄物処理費用に関わる直接コストと併せて人件費などの間接コストの削減も実現。一つの事業としてゴミ処理の有益性を感じていただいております。

どんなゴミに対応していますか?

ゴミが出る事業所であれば、
どのような業態でも対応が可能です。

飲食・食料品全般

飲食・食料品全般
生ゴミ・ビン・缶・ダンボール・発泡スチロール・廃油

事務/サービス系店舗

事務/サービス系店舗
紙ゴミ・ダンボール・プラゴミ

医療機関

医療機関
感染性廃棄物・非感染性廃棄物・機密文書

衣料などファッション

衣料などファッション
ダンボール・プラゴミ

雑貨

雑貨
ダンボール・紙ゴミ・プラゴミ

理美容室

理美容室
髪の毛(一般可燃ゴミではなく産業廃棄物)

他、どのような業態でもご相談ください。

廃棄処理に関するご相談の流れ

ご相談の流れ1

ヒアリング

各テナントに対し、廃棄物に関する聞き取りをさせていただきます。内容は、業態と席数などによる営業規模、現在悩みとなっている点、改善させたいポイントと要望などについてです。廃棄物に関するビルマネジメント会社ご担当者様に対しては、ゴミの出し方、共同ゴミ庫の実態、回収する曜日・時間帯・1日の袋数といった状況や、ゴミの品目毎に法律を遵守して処理できているかといったことなどを伺います。

ご相談の流れ2

実地調査

各テナントに対し、廃棄物に関する聞き取りをさせていただきます。内容は、業態と席数などによる営業規模、現在悩みとなっている点、改善させたいポイントと要望などについてです。廃棄物に関するビルマネジメント会社ご担当者様に対しては、ゴミの出し方、共同ゴミ庫の実態、回収する曜日・時間帯・1日の袋数といった状況や、ゴミの品目毎に法律を遵守して処理できているかといったことなどを伺います。

ご相談の流れ3

毎月の排出量を算出して見積りを作成

テナントへのヒアリング、実地調査で把握できた情報などを加味した上、弊社独自の係数・算出方法を用いてゴミの排出量を計算します。綿密なリサーチを元に弊社が算出することで、見積もりの金額は実態に即したものとなるためご安心いただけます。

ご相談の流れ4

コンサルティング

テナントの事情・要望を考慮して「捨て方」「減量化」「資源化」など、ゴミ処理を最適化してまいります。また煩雑な事務手続きや行政報告書の作成、電子マニフェストの導入などをサポートいたします。

よくあるご質問

Q-

テナントから直接問い合わせができる窓口はありますか?

A-

テナントにとってゴミに関する困りごと・クレームは緊急性が高く、素早く対応しなければならない問題です。弊社は、廃棄物に関する専門的な知識を持ったカスタマー担当者が対応するコールセンターを独自に持っています。テナントからの問い合わせにワンストップで対応いたします。

Q-

共同ゴミ庫が効率よく機能しているかを実際に見ていただきたいのですが、可能でしょうか?

A-

回収業者の見直しや再編成を行う上で、共同ゴミ庫の実地調査は不可欠となります。全テナントへのヒアリングを含めて調査させていただきます。テナントからの排出、分別の状況、回収時間などを踏まえて共同ゴミ庫内のレイアウト変更も提案させていただきます。

Q-

テナントから「廃棄物処理の料金が平等ではないのでは」という指摘を受けましたが、どう対応したらよいでしょうか?

A-

テナントに対するヒアリングと共同ゴミ庫の調査で、各テナントからの排出量を高い精度で把握することができます。その後の業態変更などで排出量が増減することもありますので、こういった指摘があった際には再度調査に伺います。新たに算出した排出量を判断材料にしてください。