ごみの捨て方、費用のお悩み。

今すぐ解決しませんか?

ゴミ処理にお困りの
老人ホーム /介護施設
ご担当者様へ

こんなことでお困りではありませんか?

ゴミの品目が多く、特に感染性廃棄物があるため、回収業者1社では対応してくれない

車椅子・ベッドといった介護用品が、入れ替えるタイミングで大量の粗大ゴミとなってしまう

退去者や遺族が、寝具や車椅子といった粗大ゴミを置いて行ってしまう

施設の性質上、クリーンなイメージが大変重要なため、ゴミの廃棄や管理体制の整備に慎重さを要する

経営本体が廃棄物回収・処理の費用を抑えるため、サービスの質が低下している

廃棄物に関するお悩み、業者を変えたってダメだと思っていませんか...?

業者を見直して効率化したいけれど、施設オーナーの古い付き合いで業者が固定されてしまっている

比較検討したいけれど、他の業者のことをよく知らない

廃棄物の品目や内容が複雑なため、他業者では回収してくれないと思い、業者の使い分けができていない

回収業者を変えることでコストメリットが発生することを知らない

ゴミの捨て方によってコストメリットが発生することを知らない

そのお悩み、
サティスファクトリー解決いたします!

サティスファクトリーがお客様と同じ視点に立って 収集運搬業社や処分業者を調査・分析・管理廃棄物処理に関わる問題を解決いたします。

お客様と同じ視点に立って問題解決

廃棄物やリサイクルに関する長年の実績専門的ノウハウ
お客様のニーズに最適なサービスをご提案いたします。

廃棄物一元管理

廃棄物一元管理

廃棄物処理におけるさまざまな業務を、お客さまのニーズに合わせたコーディネートによる専門性の高いアウトソーシングサービスで、トータルにサポートします。

リスクマネジメント

リスクマネジメント

廃棄物処理には不法投棄などさまざまなリスクが潜在しており、取り組み不足は事業継続において多大な影響を及ぼしかねません。有事の際の被害を最小限に抑えるためのリスクを軽減いたします。

コスト適正化

コスト適正化

実際に排出量に対して高い処理費用を払っていたり、排出量が減っているのに処理費が変わっていないことがあります。サティスファクトリーがお客様の排出量に適正なコストを算出いたします。

お客様事例

01

本社総務部による一元的な廃棄物管理体制構築のサポート

本社総務部による一元的な廃棄物管理体制構築のサポート

  • 業種老人福祉・介護事業
  • 業態デイケア/デイサービス
  • 店舗数約50事業所

背 景

Background

M&Aによって事業拡大をしてきた企業様のため、廃棄物処理について統一した運用はされておらず、各事業所任せとなっていました。事業規模が大きくなるなかで、社内でのコンプライアンスに対する意識は高まり、本社担当部署における廃棄物処理の一元管理化、適正運用化に向けて取り組むなかで、当社へ相談いただきました。

サービス導入後

適正な廃棄物処理フローの構築

  • 事業所ごとの対応となっていた廃棄物処理におけるあらゆる情報の集約
  • 社内基準以下の運用になっていた事業所における廃棄物処理フローの改善
  • 産業廃棄物処理におけるマニフェストの運用を電子マニフェストへ移行

02

粗大ごみの処理フローの改善

粗大ごみの処理フローの改善

  • 業種老人福祉・介護事業
  • 業態特別介護老人ホーム
  • 店舗数約50施設

背 景

Background

広域に施設運営の展開をされている企業様で、以前より各事業所から年に数回捨てる粗大ごみ費用がかさんでいたため、どのようにすればコストを下げることができるのかを検討していた。

サービス導入後

効率的な回収ルートの構築及び有価物として処理フロー導入

  • 全国3000社のルートから最も効率的な回収ルートによる手配
  • 再利用できるものは有価物としての処理を導入することで、廃棄物の減量化、コスト削減の実現

03

ベストマッチングによる最適化の実現

ベストマッチングによる最適化の実現

  • 業種老人福祉・介護事業
  • 業態介護老人保健施設
  • 店舗数5施設

背 景

Background

密集したエリアのなかで運営していたため、同じ収集運搬処分会社に全施設のすべての廃棄物処理をしてもらっていた。どの収集運搬処分会社に回収してもらっても、何も変わらないではないかとの意識から特に見直すこともなかった。

サービス導入後

15%のリサイクル率の向上 10%のコスト削減の達成

  • 医療関係のごみは特別管理産業廃棄物に特化した収集運搬処分会社に委託をすることでコスト削減の達成
  • 紙ごみやダンボールなどは分別を徹底することで、これまの可燃ごみとしての焼却処理ではなくリサイクル処理の実現

ゴミ処理にお困りの
老人ホーム
館長様/ご担当者様に

サティスファクトリーが
ばれる理由

多彩な廃棄物をトータルで管理できる

特に感染性廃棄物は特別管理一般廃棄物の医療廃棄物として管理しなければならないため、慎重に取り扱わなければなりません。弊社は廃棄物の種別ごとに、専門的な知識を持ったスタッフが特化してあたります。そのため、コンプライアンスを徹底し、的確なフローで回収・処理できる業者をマッチングしています。

中古の車椅子・ベッド・介護用品などを無償もしくは買取で引き取り、有効活用する手段がある

補助金などの運用上、壊れていない器具などを新しいものと入れ替えなければならないケースがあります。その際に大量の粗大ゴミとして、コストを掛けて処分しなければなりませんでした。弊社には、使用可能なものを海外などに転売して有効に活用するフローがあります。その際には、無償もしくは買い取ることもできます。

全国の行政見解を把握 できているため、施設所在地における適正化が可能

例えば、施設から排出する使用済みの紙おむつは事業系廃棄物です。基本的には専門の回収・処理業者に委託することになりますが、自治体によっては無償または有償での収集を行っているところもあります。このような行政見解の違いを把握しているため、所在地における最適な処理方法をご案内しています。

離島や山間部といった遠隔地でもしっかり対応

都市や近郊の施設はもちろん、地方の町や離島・山間部のリゾート地にある施設でも、事前調査から最適なゴミ回収業者とのマッチングをいたします。

どんなゴミに対応していますか?

  • 紙おむつ

    紙おむつ

    基本的には事業系一般廃棄物として扱われます。ただし、使用後の紙おむつに付着した大便は必ず取り除いてトイレに始末し、残りは不衛生にならないように小さく丸めて処理するのがマナーとされています。施設内で焼却やリサイクルの開発も進んでいます。量が多い場合は導入を検討されてもいいでしょう。

  • 感染性廃棄物

    感染性廃棄物

    感染性疾患の疑いがある利用者の紙おむつ・吐瀉物・血液や体液が付着したものは、医療廃棄物の感染性廃棄物として法律に従って処理する必要があります。

  • 生ゴミ

    生ゴミ

    施設内で食事の調理を行う場合は、小規模な給食センターとして機能しています。残渣などを含めた生ゴミについて、リサイクルできるものは分別し、減量化とコスト削減を実現させましょう。

  • 介護用品・ベッドなど

    介護用品・ベッドなど

    施設を悩ませている廃棄物です。施設全体でベッドや車椅子といった大きな介護用品を刷新する際には、大量の粗大ゴミとなってしまいます。壊れている物、まだ十分に使える物を仕分けすれば、一部再利用もできます。海外などでの有効活用の道もありますのでご相談ください。

他、どのようなゴミでもご相談ください。

廃棄処理に関するご相談の流れ

ご相談の流れ1

ヒアリング

ホテルオーナー様、廃棄物に関するご担当者様に対する聞き取りをさせていただきます。内容は、ホテルの規模と稼働率、現行の条件や悩みとなっている点、改善させたいポイントとご要望などについてです。さらにゴミを回収する曜日・時間帯・1日の袋数といった回収の状況や、飲食部門や宴会部門をお持ちの場合、発泡スチロール・空き瓶の取り扱い、食品リサイクルが可能なゴミは無いかといったことを伺います。

ご相談の流れ2

実地調査

実際に弊社スタッフの目でゴミの量などの状況を見ます。主に出し方や、ゴミの量を把握するのが目的です。「減量の余地はあるのか」「リサイクル可能な廃棄物はないか」「分別は適正か」といったことなどをチェックしていきます。

ご相談の流れ3

毎月の排出量を算出して見積りを作成

客室数・稼働率・立地・利用者傾向などを加味した上、弊社独自の係数・算出方法を用いてゴミの排出量を計算します。綿密なリサーチを元に弊社が算出することで、見積もりの金額は実態に即したものとなるためご安心いただけます。条件のマッチングがスムーズに進めば、最短1週間で回収業者を切り替えることも可能です。

ご相談の流れ4

コンサルティング

店舗の事情を考慮して「捨て方」「減量化」「資源化」など、ゴミ処理を最適化することができます。また煩雑な事務手続きやマニフェスト伝票の取り扱い、電子マニフェストの導入などをサポートいたします。

よくあるご質問

Q-

テナントから直接問い合わせができる窓口はありますか?

A-

テナントにとってゴミに関する困りごと・クレームは緊急性が高く、素早く対応しなければならない問題です。弊社は、廃棄物に関する専門的な知識を持ったカスタマー担当者が対応するコールセンターを独自に持っています。テナントからの問い合わせにワンストップで対応いたします。

Q-

共同ゴミ庫が効率よく機能しているかを実際に見ていただきたいのですが、可能でしょうか?

A-

回収業者の見直しや再編成を行う上で、共同ゴミ庫の実地調査は不可欠となります。全テナントへのヒアリングを含めて調査させていただきます。テナントからの排出、分別の状況、回収時間などを踏まえて共同ゴミ庫内のレイアウト変更も提案させていただきます。

Q-

テナントから「廃棄物処理の料金が平等ではないのでは」という指摘を受けましたが、どう対応したらよいでしょうか?

A-

テナントに対するヒアリングと共同ゴミ庫の調査で、各テナントからの排出量を高い精度で把握することができます。その後の業態変更などで排出量が増減することもありますので、こういった指摘があった際には再度調査に伺います。新たに算出した排出量を判断材料にしてください。