レンタルスペースのごみ処理にお困りの方。

今すぐ解決しませんか?

レンタルスペースのごみ
捨て方
費用のお悩み。

今すぐ解決しませんか?

ごみ処理にお困りのスペースを貸出している
企業・運営ご担当者様へ

こんなことでお困りではありませんか?

「ごみを捨てていきたい」という利用者側からのニーズに応えられていない

利用者がスペース内に勝手にごみを残してしまい、処理方法に悩んでいる

利用者が施設周辺にごみを捨ててしまい、近隣トラブルになってしまっている

レンタルスペースの廃棄物回収はできないと思っていませんか...?

廃棄物回収を依頼したいけど、どこに依頼すればいいのかわからない

スポット回収のため、他のごみ回収業者には断られてしまった

ニーズに応えるべく回収業者を探しているが、引き受けてくれる業者が見つからない

そのお悩み、
サティスファクトリー解決いたします!

サティスファクトリーがお客様と同じ視点に立って 収集運搬業者や処分業者を調査・分析・管理廃棄物処理に関わる問題を解決いたします。

お客様と同じ視点に立って問題解決

廃棄物やリサイクルに関する長年の実績専門的ノウハウ
お客様のニーズに最適なサービスをご提案いたします。

廃棄物一元管理

柔軟な対応フロー

当社では独自のフロー構築ができるため、レンタルスペースの場合でも定期回収が可能です。今までスポット回収を理由に断られていた業者様からもご依頼いただけます。

リスクマネジメント

リスクマネジメント

ごみ回収をサービス化することにより、施設周辺への不法投棄を未然に防げます。現在は清掃会社にごみの回収を依頼しているという場合も、当社にお任せいただければトラブル発生の回避にも繋がります。

リサイクルなどの新規提案

コスト最適化

ごみ回収に関する費用を明確に提示。回収費用を可視化することができます。また、今までごみ回収をサービス化することにより自社で負担していた処理費用の軽減にも繋がります。

お客様事例

01

利用者がごみを勝手に残しトラブル発生。フロー化することによって解決

利用者がごみを勝手に残しトラブル発生。フロー化することによって解決

  • 業種レンタルスペース
  • 業態パーティールーム
  • 店舗数20店舗

背 景

Background

利用者がごみを勝手に置いていったり、ビルの近隣に捨てられていて、大家さんとトラブルになり困っていたスペース運営者様。そんな状況を打破すべくごみ回収業者に依頼するも、イベントスペースの場合は定期回収ではなくスポットでの回収のため断られてしまい、八歩塞がり状態になっていました。

サービス導入後

今までかかっていた自社の業務負担・コストを軽減

  • ごみ回収を利用者向けにサービス化することにより、自社で負担していた処理費用を軽減
  • 利用者がごみを建物内・建物周辺に置いていかなくなったため、大家さんや近隣とのトラブルが解決
  • ごみ回収を委託することによりスタッフのごみ処理業務に関する業務負担が解消

02

利用者のニーズに応えることによって、顧客単価が向上・利用者も増加

利用者のニーズに応えることによって、顧客単価が向上・利用者も増加

  • 業務レンタルスペース
  • 業態パーティールーム
  • 店舗数約30店舗

背 景

Background

かねてよりレンタルスペースの利用者から「ごみを捨てていきたい」というニーズがありましたが、フローを構築できず今までは断っていたというスペース運営者様。利用者のニーズに応えられるように、ごみ回収に関するフローの構築と、利用者向けの新規オプションサービスとしての「ごみ回収サービス」の提供についてご相談いただきました。

サービス導入後

独自スキームにより対応可能に。新規オプションとして提供を開始

  • ごみ回収を新規オプションとして顧客に提供できるようになり、既存顧客の満足度アップ&顧客単価向上
  • 利用者のニーズに応えたことにより、口コミによって新規利用者が増加
  • 今までは処理に悩んでいたごみ問題をサービス化することによって、スタッフの手間が軽減

ごみ処理にお困りの
スペースを貸し出している企業・運営ご担当者様へ

サティスファクトリーが
ばれる理由

今までコストになっていた部分を、売り上げに繋がる新規サービスとして提案できる

当社では、ごみ回収に関する課題をただ解決するだけでなく、今まではコストになっていた廃棄物処理を逆手にとってオプションとして提案することもできます。ごみ回収をサービスオプションに変えることができれば、顧客の満足度も向上。売り上げアップにも繋がります。

今まで断られていたスポット回収を、独自のスキーム構築で対応可能に

レンタルスペースのごみ回収は基本スポット回収のため、業者によっては断られてしまうことも。しかし、当社では独自のスキーム構築により、スポット回収ではなく定期的な回収が可能。レンタルスペースを運営している企業様からも多数ご依頼いただいております。

物件の種別に合わせた柔軟な運用フローの実現

同じ業種でも、営業場所の状況は異なるもの。物件によっては従来のフローではスムーズにごみ回収を行えない場合もあります。その点、当社では物件の種別(ビルインor戸建てetc)やオーナー様との取り決めに合わせて運用フローを柔軟に変更。お客様に合わせた運用フローをご提案いたします。

どんなごみ処理にも対応していますか?

  • 生ごみ

    生ごみ

    一般的な飲食店と比べて、レンタルスペースの場合は廃棄量もタイミングも不規則となります。しかし、ひとまとめに生ごみとして出してしまわずに、食品リサイクル可能なものを分別すれば減量とコスト削減も可能です。

  • 飲料などの容器

    飲料などの容器

    ビン・缶・ペットボトルは分別してリサイクルできていますか?特にビンにはリターナブルタイプもあります。納品業者に確認して返却できるものは引き取ってもらいましょう。缶もアルミ缶は再生資源として回収してもらった方がお得なケースがあります。

  • パンフレットなどの紙書類

    パンフレットなどの紙書類

    イベントや会議等で配布したパンフレットや資料といった紙書類も処理できます。一般廃棄物として処理してしまわず、資源としてリサイクルすればごみの減量やコスト削減になります。

  • 段ボール

    段ボール

    古紙にリサイクルできる大切な資源です。濡らさずにたたんでおけば古紙業者が無償で回収してくれるケースもあります。

  • 油

    装飾関連アイテム(パネル等)

    看板やパネルなど会場の装飾に使うアイテムも処理が可能です。お気軽にご相談ください。

他、どのようなごみでもご相談ください。

廃棄処理に関するご相談の流れ

ご相談の流れ1

物件情報の把握

ご依頼をいただいたら、まずは物件情報の把握から着手します。運営しているレンタルスペースがビルインなのか戸建てなのかといった物件の種別についてや、オーナーとの取り決めなどを確認いたします。場所とルール、現状を確認した上で具体的なフローの構築を行っていきます。

ご相談の流れ2

サービスフローのご提案

現状を把握した後に、具体的な処理金額を提示。また、レンタルスペースの利用者様に向けたごみ回収に関する提示金額含め、サービスパッケージとしてどう開発するべきかについてのご提案もいたします。

ご相談の流れ3

最終の現地確認

ご提案内容にご納得していただいたら、ごみを保管する場所を確認いたします。実際に使うごみ保管スペースを明確化し、設置スペースを調整や回収ボックスの設置を確定します。その際、適切な回収頻度を想定しご提案いたします。

よくあるご質問

Q-

他業者に断られましたが、本当にやってもらえますか?

A-

当社は独自のスキーム構築で、レンタルスペースの定期回収も対応可能です。業者様の運用フローの中で建物のオーナー様にも納得いただけるようご提案いたします。実際に、多くのレンタルスペース運営会社様からごみ回収をご依頼いただいています。

Q-

利用者にごみを不法投棄されて、近隣トラブルになってしまい困っています。

A-

当社ではトラブルを解消すべく、ごみ回収を利用者向けにサービス化することも可能です。ルールやサービスを設けることにより、近隣トラブルの発生を防ぎます。実際にごみ回収を行い近隣トラブルを解消できた事例もございます。

Q-

複数のレンタルスペースを運営しているのですが、トータルでお任せできますか?

A-

当社では全国で対応可能。全国での実績・処理網があるので、安心してお任せいただけます。

Q-

ごみ回収を行うにあたって利用者向けにサービス化したいのですが、具体的にどうしたらいいのかわかりません……。

A-

当社では、レンタルスペースのごみ回収をサービス化した実績もあります。そのため、サービスとしてどうするべきかご提案することも可能です。ごみ回収は顧客満足度にも売り上げアップにも繋がるので、ぜひお問い合わせください。