コロナ禍からみる食品ロスとEC | 廃棄物処理のことならサティスファクトリー廃棄物処理のことならサティスファクトリー
【入力60秒】廃棄物処理の見直し 簡易見積り
環境 2021.04.26

コロナ禍からみる食品ロスとEC

新型コロナウィルス感染拡大に伴い、数多くの業種が影響を受けたことは言うまでもない。

国や自治体の要請による飲食店の休業やイベント中止は、外食産業はもちろん、農業・漁業・畜産業などの第一次産業にも大きな打撃を与えている。そして食材の在庫滞留は、日本にとって大きな課題である食品ロスの発生量を押し上げることにもなる。

そんな中、生産物を生産者自ら消費者へ販売する仕組みが活用されつつある。新型コロナウイルスの影響が、販売方法の変化を呼び起こしている。

当レポートでは、実例などを元に、コロナ禍・アフターコロナにおける食品ロス削減への糸口とは何かを考える。

 

是非、本レポートをご覧ください。

 

レポートのダウンロード

レポートを無料でダウンロードできます。
ダウンロードはこちらから

 

 

 

 

 

 

情報提供から実行支援までSDGs・ESGの企業対応を支援しています。 取材・セミナー等のご依頼はこちら
お電話でもご相談ください!03-5542-5300

この記事を書いたアナリスト

サティスファクトリー編集部

サティスファクトリーコンテンツ編集部です。 環境のことについて、今できることを考え情報を発信しております。

サービス案内・会社資料ダウンロード

サービス案内・会社資料ダウンロード

サティスファクトリーのサービスの詳細や
導入事例、会社情報のご紹介資料を
無料でダウンロードいただけます。