2018.11.20

サスティナブル・プラクティス

  • サスティナブル・プラクティス
サスティナブル・プラクティスとは?

近年、資源の枯渇と地球環境の変化が目に見えるほどになってきました。

世界人口は増え続け、人々はより豊かな生活を求めます。多くの人が豊かに暮らすには、

それ相応の資源を使わないとなりません。



私たちの今の暮らしを維持していくには、地球がもう1つ分、必要だといいます。

でも、地球は1つ。1つ分の資源しかありません。

ですから、私たちは今いちど厳しい現実に目を向ける必要があります。

資源は限られていて、すでに地球環境が限界にきているという現実を。



サスティナブルとは、「持続可能な」という意味です。

私たちが、私たちの子孫がこの地球で生きていくためには、

サスティナブルに暮らしていくことがカギになります。



自分だけがよければいい、という狭い視野で人間が活動し続ければ、

近い未来に「持続不可能な」社会が待っていることがわかっています。

それは、暮らしの基本である衣食住、そのどれもが担保されない、とても厳しい世界です。

一方で、そんな青写真を焼きなおすために、地球環境や社会、

経済を将来につないでいける社会にするために、

日々活動をしている人々がいます。



その活動を、ここでは「サスティナブル・プラクティス」として、

具体的な取り組み内容をご紹介します。



サスティナブル・プラクティスを広く共有し、取り組むアクターを増やすことで、

社会により大きな影響を与えていけるのではないか。

草の根からの働きかけが、きっと未来を大きく変えていくのではないか。

そんな思いのもとに、みなさんに記事をお届けしていきます。


 

ベスト・プラクティス事例集

Vol.1 株式会社鈴廣蒲鉾本店
https://www.sfinter.com/information/post-525/