2018.11.20

ZEB(ゼロ・エネルギー・ビルディング)

  • 用語
  • サスティナブル・プラクティス
ZEBとは?

「ZEB(Zero Energy Building "ゼブ")」とは、
・太陽光発電などによる「創エネ」
・燃料電池などによる「蓄エネ」
・高断熱化や電力消費の削減のような「省エネ」
によって、エネルギーの生成と消費の収支がプラスマイナスゼロになるビルのことです。

政府はパリ協定の目標達成のためにZEBをエネルギー政策のひとつとして重視をしています。
具体的には、補助事業、認定制度、登録制度を設け、
2030年までに新築の建築物すべてをZEB化することを目標としています。

(参考:ビジネス+IT, https://www.sbbit.jp/article/cont1/34730)

関連

サスティナブル・プラクティス Vol.1 株式会社鈴廣蒲鉾本店
https://www.sfinter.com/information/post-525/

ZEBとは何か? 基礎からわかる省エネを超えたゼロエネ建物の可能性