新素材で『消費』を生むか、 既存資源で『循環』を生むか | トピックス一覧 | 廃棄物処理のことならサティスファクトリー
環境 2020.09.21

新素材で『消費』を生むか、 既存資源で『循環』を生むか

その消費に廃棄しない物流はデザインされているか?

 廃プラスチック問題を語る上で、既に誰しもが今起こる現状の多くを実感しています。異常気象、これに起因する自然災害、人為的災害など自身の生活のすぐそばで起きています。直接的に目に触れる機会、時には直接的に影響が出てきているのは事実です。そのような中、廃棄物業界においてもこの問題は業界内の範囲にとどまらず、大きな環境問題・社会問題として取り上げられることが急増しています。

 期待される新素材を含む代替資源は、脱石油資源に有効であるものの、生分解に一定の時間を要する点から生態系への影響は残ります。また、回収・再販など「物流」にコストとネットワークが整わなければ、混合廃棄されることに変わりなく、シングルユースの違和感は否めません。

 廃プラスチック問題の本質的解決は「日常の選択」からあると言えます。アプローチ方法は様々ありますが、廃棄物マネジメントの観点から、限られた資源をサーキュラーエコノミーの輪にのせ、リサイクル技術を駆使し、循環を生み利便性を享受する、ひとつのソリューションを導き出しました。

 

是非、本レポートをご覧ください。

 

レポートのダウンロード

レポートを無料でダウンロードできます。
ダウンロードはこちらから

 

情報提供から実行支援までSDGs・ESGの企業対応を支援しています。 取材・セミナー等のご依頼はこちら
お電話でもご相談ください!03-5542-5300

 

この記事を書いたアナリスト

サティスファクトリー編集部

サティスファクトリーコンテンツ編集部です。 環境のことについて、今できることを考え情報を発信しております。