レジ袋有料化に伴う供給者の動向予測 | トピックス一覧 | 廃棄物処理のことならサティスファクトリー
環境 2020.10.19

レジ袋有料化に伴う供給者の動向予測

有料レジ袋化の問題は消費者だけの選択ではなく供給者の責任でもあります。

2020年7月7日には 第一生命保険および第一フロンティア生命保険 が
廃プラスチック削減目的に限定した世界で初めてとなる社債
「廃プラスチック削減債 」を購入しました。

世界のESG評価では、供給者全体の環境負荷の数値改善が早急に求められており、
供給者は消費者に環境コストを押し付けたり、選択を委ねればよいというわけではありません。

リデュース・リユースを基調とした
持続可能なプラスチック利用を目指すために
供給者は何をするべきでしょうか?

 

是非、本レポートをご覧ください。

 

レポートのダウンロード

レポートを無料でダウンロードできます。
ダウンロードはこちらから

 

 

 

情報提供から実行支援までSDGs・ESGの企業対応を支援しています。 取材・セミナー等のご依頼はこちら
お電話でもご相談ください!03-5542-5300

 

この記事を書いたアナリスト

サティスファクトリー編集部

サティスファクトリーコンテンツ編集部です。 環境のことについて、今できることを考え情報を発信しております。