廃棄物火災における排出者責任 | トピックス一覧 | 廃棄物処理のことならサティスファクトリー
【入力60秒】廃棄物処理の見直し 簡易見積り
環境 2020.11.09

廃棄物火災における排出者責任

2018年の札幌不動産仲介店舗ガス爆発事故は未だ記憶に新しい。
42人が負傷したこの爆発事故は、室内でのスプレー缶のガス抜きが原因である。
このごみの不適切処分によるごみ収集車両や処理施設での発火・炎上事故は年々増加しており、コロナ禍での在宅期間中による不要品処分増加に従いさらに発火件数は増えているという。
不適切処分の根本要因は、廃棄物の分別ルールに排出事業者への周知がなされていないことにある。
循環型社会への変革が求められる中、廃棄物の資源化は喫緊の課題である。
今後は資源回収が推進され、分別ルールはさらに細分化されるだろう。
リスク管理としての分別徹底とともに、排出事業者においては排出者責任の重要性を再認識されたい。

是非、本レポートをご覧ください。

 

レポートのダウンロード

レポートを無料でダウンロードできます。
ダウンロードはこちらから

 

 

 

情報提供から実行支援までSDGs・ESGの企業対応を支援しています。 取材・セミナー等のご依頼はこちら
お電話でもご相談ください!03-5542-5300

この記事を書いたアナリスト

サティスファクトリー編集部

サティスファクトリーコンテンツ編集部です。 環境のことについて、今できることを考え情報を発信しております。