古紙類を取巻く現在とこれから | 廃棄物処理のことならサティスファクトリー廃棄物処理のことならサティスファクトリー
【入力60秒】廃棄物処理の見直し 簡易見積り
環境 2020.11.30

古紙類を取巻く現在とこれから

古紙買取の時代は終焉しました。
時代が動いている証拠でもあります。
今までは、「買取させてください」という時代から「買取ってください」へ変化し、この変化はそのまま排出事業者側への立ち位置に反映されてきています。
 
廃棄物における分別は自治体などの発信もあり浸透してきておりますが、
「古紙」という分野については認識も認知もバラバラです。
 
「買取ってください」は金銭が動きます。
金銭が動く価値を排出する側から今一度真剣に考え取り組む必要が出てきたのではないでしょうか。
排出事業者も「古紙」を「商品」として「売る」という意識を持つことが第一歩です。
まずは古紙についての現状と可能性を考えみてください。

 

レポートのダウンロード

レポートを無料でダウンロードできます。
ダウンロードはこちらから

情報提供から実行支援までSDGs・ESGの企業対応を支援しています。

取材・セミナー等のご依頼はこちら
お電話でもご相談ください!03-5542-5300

この記事を書いたアナリスト

サティスファクトリー編集部

サティスファクトリーコンテンツ編集部です。 環境のことについて、今できることを考え情報を発信しております。

サービス案内・会社資料ダウンロード

サービス案内・会社資料ダウンロード

サティスファクトリーのサービスの詳細や
導入事例、会社情報のご紹介資料を
無料でダウンロードいただけます。