50年排出ゼロの法制化に向けて | 廃棄物処理のことならサティスファクトリー廃棄物処理のことならサティスファクトリー
【入力60秒】廃棄物処理の見直し 簡易見積り
環境 2020.12.21

50年排出ゼロの法制化に向けて

菅義偉首相はG20サミットの首脳会議の一環として開かれた会合で
2050年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロにする脱炭素社会の実現を目指す考えを強調した。

また、環境省は地球温暖化対策推進法の改正に向けて有識者会議を設置し、

2021年1月の法改正案の発表をした。

これは地球規模の資源や廃棄物の制約、

海洋プラスチックごみ問題、気候変動問題等の同時解決に貢献し、

資源循環関連産業の発展を通じた経済成長に対し、

国全体で本気で取り組んでいくために法制化という決断をしたのであろう。

では、法制化に向けて企業に求められることとは。

 

是非、本レポートをご覧ください。

 

レポートのダウンロード

レポートを無料でダウンロードできます。
ダウンロードはこちらから

 

 

情報提供から実行支援までSDGs・ESGの企業対応を支援しています。 取材・セミナー等のご依頼はこちら
お電話でもご相談ください!03-5542-5300

 

この記事を書いたアナリスト

サティスファクトリー編集部

サティスファクトリーコンテンツ編集部です。 環境のことについて、今できることを考え情報を発信しております。

サービス案内・会社資料ダウンロード

サービス案内・会社資料ダウンロード

サティスファクトリーのサービスの詳細や
導入事例、会社情報のご紹介資料を
無料でダウンロードいただけます。