製品価値を変える「修理する権利」 | 廃棄物処理のことならサティスファクトリー廃棄物処理のことならサティスファクトリー
【入力60秒】廃棄物処理の見直し 簡易見積り
環境 2021.01.25

製品価値を変える「修理する権利」

必要なモノが壊れたとき、わたしたちは何を考えるでしょうか。

 

どこがどのように壊れてしまったのか。

自身で直せるか、直せないか。

修理に出した場合、いくらかかるか。

また、どれほど時間がかかるか。

直したところで寿命はあとどれほどか。

新品に買い替えた場合、いくらかかるのか。

また、スペックが上がっているのか。

捨てるのに面倒はないか。

 

それらの思考や価値観をつくる「修理のハードル」は

消費社会の中で戦略的に創られてきたのかもしれません。

修理を選ばなかった、のではなく、遠ざけられていたとしたら、

これから日常は大きく変わることが予想されます。

 

有限資源の保護、廃棄物の削減、環境負荷の軽減などの観点で

モノづくりを行う企業には多大なプレッシャーがかかっています。

同時に、社会は消費側の「修理する権利」を認めはじめています。

 

本レポートでは、製品価値の新たな軸を国外事例からご提示します。

是非、ご覧ください。

 

レポートのダウンロード

レポートを無料でダウンロードできます。
ダウンロードはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

情報提供から実行支援までSDGs・ESGの企業対応を支援しています。 取材・セミナー等のご依頼はこちら
お電話でもご相談ください!03-5542-5300

この記事を書いたアナリスト

サティスファクトリー編集部

サティスファクトリーコンテンツ編集部です。 環境のことについて、今できることを考え情報を発信しております。

サービス案内・会社資料ダウンロード

サービス案内・会社資料ダウンロード

サティスファクトリーのサービスの詳細や
導入事例、会社情報のご紹介資料を
無料でダウンロードいただけます。