コーヒーにみる身近な資源循環 | 廃棄物処理のことならサティスファクトリー廃棄物処理のことならサティスファクトリー
【入力60秒】廃棄物処理の見直し 簡易見積り
環境 2021.03.01

コーヒーにみる身近な資源循環

家具や家電、衣類、書籍やおもちゃにいたるまで、あらゆるものが店舗やインターネットを通して頻繁にリサイクル・リユース利用されている。
では、毎日必ず消費されるものは、どのように循環利用されているだろうか。

筆者は1日3杯はコーヒーを飲む。
コーヒー豆をほぼ輸入に頼っているにも関わらず、日本のコーヒーの消費量は今や緑茶を遥かに超え、日常に欠かせない飲み物となっている。

そこから生まれる廃棄物であるコーヒー粕に注目し、日常生活から生まれる循環の現状を整理した。

 

是非、本レポートをご覧ください。

 

レポートのダウンロード

レポートを無料でダウンロードできます。
ダウンロードはこちらから

 

 

 

情報提供から実行支援までSDGs・ESGの企業対応を支援しています。 取材・セミナー等のご依頼はこちら
お電話でもご相談ください!03-5542-5300

この記事を書いたアナリスト

サティスファクトリー編集部

サティスファクトリーコンテンツ編集部です。 環境のことについて、今できることを考え情報を発信しております。

サービス案内・会社資料ダウンロード

サービス案内・会社資料ダウンロード

サティスファクトリーのサービスの詳細や
導入事例、会社情報のご紹介資料を
無料でダウンロードいただけます。