コンタクトレンズから覗くごみ問題 | 廃棄物処理のことならサティスファクトリー廃棄物処理のことならサティスファクトリー
【入力60秒】廃棄物処理の見直し 簡易見積り
環境 2021.06.28

コンタクトレンズから覗くごみ問題

「使用したコンタクトレンズを水道に流している人がいる」

 

そんな衝撃的な話を聞いて友人にアンケートを取りました。

結果、39人中2人が水道に流していると言います。

筆者は、5年前からワンデーのコンタクトレンズを使っています。

当たり前のようにごみ箱に捨てていましたが、

捨てること自体これでいいのか気になるようになりました。

1日に捨てるのは、たった2つのケースと小さなレンズ2枚。

でも、毎日捨て続けているとどれだけの量になるでしょうか。

生活に身近なものから、ごみ問題を考えてみたいと思います。

 

是非、本レポートをご覧ください。

 

レポートのダウンロード

レポートを無料でダウンロードできます。
ダウンロードはこちらから

 

 

 

 

 

情報提供から実行支援までSDGs・ESGの企業対応を支援しています。 取材・セミナー等のご依頼はこちら
お電話でもご相談ください!03-5542-5300

 

この記事を書いたアナリスト

サティスファクトリー編集部

サティスファクトリーコンテンツ編集部です。 環境のことについて、今できることを考え情報を発信しております。

サービス案内・会社資料ダウンロード

サービス案内・会社資料ダウンロード

サティスファクトリーのサービスの詳細や
導入事例、会社情報のご紹介資料を
無料でダウンロードいただけます。