水素エンジン車の実用化 | 廃棄物処理のことならサティスファクトリー廃棄物処理のことならサティスファクトリー
【入力60秒】廃棄物処理の見直し 簡易見積り
環境 2021.07.12

水素エンジン車の実用化

日本政府が発出した、2050年までに温室効果ガス排出ゼロを目指す

『カーボンニュートラル宣言』は自動車業界に大きな衝撃を与えました。

大量のガソリンを消費してCO₂を排出する環境に悪いイメージのモータースポーツ。

脱炭素化・電動化の流れの中、エンジン車ならではのエンジン音・振動といった

メカニカルノイズは生き残れるのでしょうか。

 

次世代自動車=電動車ではなく、エンジン車も選択肢のひとつとなれることを期待します。

日本の強みである自動車産業が培ってきたエンジン技術が受け継がれること切にを願います。

 

是非、本レポートをご覧ください。

 

レポートのダウンロード

レポートを無料でダウンロードできます。
ダウンロードはこちらから

 

 

 

 

 

 

情報提供から実行支援までSDGs・ESGの企業対応を支援しています。 取材・セミナー等のご依頼はこちら
お電話でもご相談ください!03-5542-5300

 

この記事を書いたアナリスト

サティスファクトリー編集部

サティスファクトリーコンテンツ編集部です。 環境のことについて、今できることを考え情報を発信しております。

サービス案内・会社資料ダウンロード

サービス案内・会社資料ダウンロード

サティスファクトリーのサービスの詳細や
導入事例、会社情報のご紹介資料を
無料でダウンロードいただけます。