変化する自然教育と日本の環境教育 | 廃棄物処理のことならサティスファクトリー廃棄物処理のことならサティスファクトリー
【入力60秒】廃棄物処理の見直し 簡易見積り
環境 2021.08.23

変化する自然教育と日本の環境教育

「興味関心を持つこと」の始まりは「まず知ること、触れること」

これは私が前職の保育士時代に子どもと関わる上で常に意識していたことです。

 

環境問題が深刻化していく今、一人ひとりが地球環境の現状や問題、対策を知り、

その上で身近な問題として考え実践していくことの必要性が高まっています。

しかしその一方で環境について知る機会には個人差があるとも感じます。

 

様々なことに触れ、身を持って体験し、吸収していく幼少期に

環境問題の現状を知り考える機会を保障することの重要性を考えてみました。

 

是非、本レポートをご覧ください。

 

レポートのダウンロード

レポートを無料でダウンロードできます。
ダウンロードはこちらから

 

 

 

 

情報提供から実行支援までSDGs・ESGの企業対応を支援しています。 取材・セミナー等のご依頼はこちら
お電話でもご相談ください!03-5542-5300

 

この記事を書いたアナリスト

サティスファクトリー編集部

サティスファクトリーコンテンツ編集部です。 環境のことについて、今できることを考え情報を発信しております。

サービス案内・会社資料ダウンロード

サービス案内・会社資料ダウンロード

サティスファクトリーのサービスの詳細や
導入事例、会社情報のご紹介資料を
無料でダウンロードいただけます。