上勝町から学ぶ ごみから資源へ | 廃棄物処理のことならサティスファクトリー廃棄物処理のことならサティスファクトリー
【入力60秒】廃棄物処理の見直し 簡易見積り
環境 2021.09.13

上勝町から学ぶ ごみから資源へ

徳島県勝浦郡上勝町は、日本で初めてゼロ・ウェイスト宣言を行った自治体です。

2050年までに温室効果ガス排出量実質ゼロを目指し、人口約1,500人の上勝町が

町内から出るごみをゼロにするという目標を2003年に掲げました。

また、2020年5月には上勝町ゼロ・ウェイストセンターをオープンし、

無駄・ごみ・浪費をなくすという理念を学び、世界に広げていける施設を目指しています。

 

現代の消費社会に対して、ごみ問題を考えるきっかけをどう発信していくのか。

そのヒントとなる上勝町の取り組みをご紹介します。

 

是非、本レポートをご覧ください。

 

レポートのダウンロード

レポートを無料でダウンロードできます。
ダウンロードはこちらから

 

 

 

情報提供から実行支援までSDGs・ESGの企業対応を支援しています。 取材・セミナー等のご依頼はこちら
お電話でもご相談ください!03-5542-5300

 

この記事を書いたアナリスト

サティスファクトリー編集部

サティスファクトリーコンテンツ編集部です。 環境のことについて、今できることを考え情報を発信しております。

サービス案内・会社資料ダウンロード

サービス案内・会社資料ダウンロード

サティスファクトリーのサービスの詳細や
導入事例、会社情報のご紹介資料を
無料でダウンロードいただけます。