畜産が及ぼす環境負荷と食の変化 | 廃棄物処理のことならサティスファクトリー廃棄物処理のことならサティスファクトリー
【入力60秒】廃棄物処理の見直し 簡易見積り
環境 2021.09.20

畜産が及ぼす環境負荷と食の変化

近年、日本のメディアでも取り上げられることが多くなり、身近な存在になってきている「代替肉」。
これらはベジタリアンやヴィーガン向けの印象が強く、これまで筆者には縁のないものでした。
しかし、食生活が環境に与える負荷を知り、酪農製品代替食品の必要性について考えることとなりました。

私たちの「おいしい」選択が、未来を明るいものに変えていくために。
是非、本レポートをご覧ください。

 

1.食を支える畜産が環境汚染の要因に

 <畜産業から見えてくる課題>

  • 農業が寄与する温室効果ガスは年々増加し、2014年には地球全体の排出量の24%を占めている。
  • ➢ その内、畜産業は食糧生産全体の61%を占める。アメリカ農業では化石燃料の約半分が家畜飼育で消費。
  • 畜産業は地球温暖化だけでなく、水質汚染や水不足、森林破壊等への影響も及ぼしている。
  • 人口増加に伴う食糧需要量が増加する一方、利用可能な耕作地・水資源の減少などにより食糧は不足。
  • 肉食者個人の温室効果ガス発生量は、ベジタリアンの50~54%、ヴィーガンの99~102%も多い。

 →食肉の消費の在り方が見直される

 

2.食料不足解決に期待される「代替肉」の出現

 <諸問題に対する多角的な取り組み>

  • 畜肉に近い植物肉製造の進展には、1954年に特許取得したアメリカでの研究が契機となった。
  • 既にハンバーガーチェーンやスーパーマーケットで採用が進み、日本でも1960年代に開発ブームとなった。
  • 食肉代替食品は3種に分類される。= ①植物由来食肉用食品 ②脂肪培養肉 ③代替たんぱく質製品
  • 先進国での肉消費が削減されれば、放牧地が植林可能候補地となり、植林活動が促進される可能性もある。

 →自然と選ばれる「嗜好性」の獲得段階へ

 

3.「おいしい」選択肢が世界を変える

 <代替品の可能性>

  • 本来、菜食主義者へ向けた商品であった為に、味や価格は動物製品に劣るものが多い。
  • 低価格かつ動物製品と遜色ない味、食感、芳香を再現する研究で、一般消費者を対象に市場拡大が見込まれる。
  • 食肉に加えて動物由来の乳製品も制限するため、植物由来の乳製品代替品も市場を形成する。
  • 原料となる植物の多様性も拡がり、自給率にも影響を与えていくだろう。

 →ニッチではない、一般向けの栄養摂取源として先入観を越える

 

4.参考・補足:健康志向と乳製品代替食品の関係

 

レポートのダウンロード

レポートを無料でダウンロードできます。
ダウンロードはこちらから

 

 

情報提供から実行支援までSDGs・ESGの企業対応を支援しています。 取材・セミナー等のご依頼はこちら
お電話でもご相談ください!03-5542-5300

 

この記事を書いたアナリスト

サティスファクトリー編集部

サティスファクトリーコンテンツ編集部です。 環境のことについて、今できることを考え情報を発信しております。

サービス案内・会社資料ダウンロード

サービス案内・会社資料ダウンロード

サティスファクトリーのサービスの詳細や
導入事例、会社情報のご紹介資料を
無料でダウンロードいただけます。