半導体不足によるリユース品の需要増加について | 廃棄物処理のことならサティスファクトリー
【入力60秒】廃棄物処理の見直し 簡易見積り
環境 2022.10.31

半導体不足によるリユース品の需要増加について

リサイクルショップでの家電製品の売上上昇―

2022年夏、エアコンの購入を検討していた際にこのニュースを耳にしました。

 

筆者はこれまで何かものを購入する際、新品を選ぶことが当たり前でしたが

その背景にどのような問題があるのか興味を持ちました。

 

リユース市場が拡大する中で、消費者である私たちの選択肢は広がっています。

ぜひ本レポートをご覧ください。

[ダウンロードはこちらから]

 

1.半導体不足により、家電製品の供給に影響が及ぼされている

<半導体不足による影響>

  • 2020年秋以降、世界的な半導体不足に見舞われ、業種・業態を問わず、生産計画通りに半導体製造を行えない事態に陥っている
  • 半導体不足は米中貿易摩擦に端を発し、新型コロナウイルスの感染拡大による需要の急激な増加など、いくつもの要因が重なり、発生している
  • 家電製品が品薄となったり価格が大幅に上昇するといった事態が起こり、一般消費者にも多大な影響を及ぼしている

→半導体不足を乗り越えるために

 

2.リユース製品のニーズ拡大

<リユース製品の生産を大規模事業として取り組む企業>

  • ヤマダホールディングスは家電をはじめ、生活雑貨、日用品、医療品の等、多彩な事業展開している
  • 世界的な半導体不足や物価高による節約志向の高まりを受け、中古家電の需要が伸びている現状を踏まえ、2022年5月に国内最大規模の家電リユース工場を新設し、生産能力は年間9万6000台に上る
  • リユース市場が拡大される一方、半導体不足の解消後もリユース品の需要は増加し続けるのだろうか

 →消費者を巻き込んで、リユース品市場の拡大を目指す

 

3.リユース品の需要を継続させるために

<ターゲットの明確化>

  • 新品を中心に販売する小売業が主流のなか、保証の有無、壊れやすい等のデメリットを感じ、リーユス品に抵抗を持つ人もいるため、消費者の動向を読むことは容易ではない
  • 新品、リユース品それぞれのニーズを明確化させ、リユース品市場を拡大していくことが望ましい
  • 一人暮らしの学生・単身赴任者など費用を抑えることを重視する消費者にターゲットを絞り、実店舗だけでなくネットやアプリでも気軽に安心して購入可能な環境を整えることが必要なのではないか

 →リユース品を使用し、持続可能な社会への貢献を

 

レポートを無料でダウンロードできます。
[ダウンロードはこちらから]

この記事を書いたアナリスト

サティスファクトリー編集部

サティスファクトリーコンテンツ編集部です。 環境のことについて、今できることを考え情報を発信しております。

サービス案内・会社資料ダウンロード

サービス案内・会社資料ダウンロード

サティスファクトリーのサービスの詳細や
導入事例、会社情報のご紹介資料を
無料でダウンロードいただけます。