SERVICE

サービス一覧

廃棄物一元管理

廃棄物一元管理

一元管理で、担当者の負担(内省コスト)を大幅に軽減。
  • 廃棄物処理における適正処理フローを構築してほしいcheck
  • 廃棄物処理費用を適正化したいcheck
  • 事務作業を軽減したいcheck
  • 窓口を1本化することで情報集約したいcheck
  • 処理困難物の対応など、専門的知識が必要な分野で手配代行してほしいcheck
  • 環境に貢献する為の取り組みを提案してほしいcheck

サティスファクトリーでは廃棄物処理におけるさまざまな業務を、お客様のニーズに合わせたコーディネートよる専門性の高いアウトソーシングサービスで、トータルにサポートいたします。
廃棄物処理には、収集運搬業者や処分業者の選定・契約締結といった、専門的知識を必要とする作業、毎月の支払や排出記録などの精査が必要な作業、日々の店舗からの問い合わせといったさまざま作業が発生いたします。
地域ごとの異なる収集運搬業者や処分業者とのやりとりや正確なデータ管理は、膨大な作業時間の軽減につながります。

一元化

リスクマネジメント

リスクマネジメント

廃棄物処理のリスクをなくし、企業価値の向上へ。
  • 委託先業者様の与信調査・現地調査をしてほしいcheck
  • 法令順守のための各種事務手続きのサポートをしてほしいcheck
  • 関係法令の改正内容や各自治体ごとの運用方法について教えてほしいcheck

廃棄物処理には不法投棄などさまざまなリスクが潜在しています。しかし非生産的で利益を生む活動ではないため、その排出量や処理方法についてあまり関心が向けられておりません。
一方で環境問題の深刻化に伴い、廃棄物処理に関する法改正が行われ、排出事業者責任は、年々厳しくなっています。コンプライアンスへの取り組み不足が結果的に、企業存続・事業継続において多大な影響を及しかねません。
サティスファクトリーは「処理業者の選考プロセスの透明化」、「潜在するリスクの認識」や「廃棄物処理プロセスの透明化」を行い、リスクを軽減し・企業価値の向上をサポートいたします。

廃棄物処理に潜在するリスク リスクマネジメント後

不適正な処理

処理の可視化

不完全な契約書

契約書整備

不明瞭な料金体制

コスト適正化

厳しくなる法改正

法改正・行政対応

委託先の社会的属性

継続的な属性チェック

コスト適正化

コスト適正化

御社の廃棄物処理費用を、常に適正に。
  • 現状の廃棄物処理費用の妥当性を知りたいcheck
  • 適正な廃棄物処理費用の把握したい、見える化したいcheck
  • 様々な廃棄物処理フローを教えてほしいcheck
  • 自社の事業所から捨てる廃棄物の品目・排出量の傾向を知りたいcheck
  • ごみの減量化のサポートをしてほしいcheck

廃棄物処理費用については多くの企業で自社の廃棄物の排出量を把握していない、
排出量に対する処理費用が適正かどうか判断できていないのが現状です。

不透明な処理費用とは?
① 実際の排出量に対して高い処理費を支払っている
② 排出量が減っているのに処理費が変わらない
③ 安すぎる処理費は不法投棄などのリスクを背負っている

サティスファクトリーでは現地調査や処理フローの見直し、売上データ・回転率・店舗規模といった当社データベースを用いた独自の分析により、お客様の排出量に対する適正コストを算出いたします。

こんな可能性があります!

  • 実際の排出量に対して高い処理費を払っている
  • 排出量が減っているのに処理費が変わらない

サティスファクトリーが解決します

  • 現状把握
  • 適正排出量の分析
  • 処理フローの見直し
リサイクル支援

リサイクル支援

「循環型社会」の実現へ。企業存続の責務を、お手伝い。
  • 食品リサイクルを導入したい、リサイクル率を向上したいcheck
  • 生産者責任を果たすためのリサイクルスキームを構築したいcheck

企業の3R(Reduce=発生抑制・Reuse=再使用・Recycle=再生利用)の取り組みは、企業存続において今や当然の責務となっています。しかしながら毎日、大量に発生する「廃棄物の現状把握」や「具体的な削減方法」は、専門知識がないとできません。
またリサイクルに取り組んでいる企業も数多くありますが、本当に有効なリサイクルをしているか?環境コストや最終的な環境への影響まで配慮している企業はまだ多くありません。リサイクルという呼び名のもとに、かえって環境には悪影響になってしまっていたり、不必要なものを生産してしまっていたりするケースも目立ちはじめています。
サティスファクトリーでは企業の環境負荷軽減の取り組みに対して、環境問題やコストを配慮したお客様に最適なスキームをご提案いたします。

廃棄物の量・種類を把握し、再資源化や減量化の計画立て→廃棄物の量・種類を把握し、再資源化や減量化の計画立て→リサイクル方法の適切性確認、分別状況の確認→リサイクル率などの改善点の検討・実施

「循環型社会」の実現へ。企業存続の責務を、お手伝い。

食品リサイクル法では、循環型社会の構築に向けて、全ての食品関連事業者が食品廃棄物の再生利用等の実施率を向上していくことを目的としており、2007年12月には改正食品リサイクル法が施行されるなど指導監督強化の傾向にあります。 サティスファクトリーでは、貴社の食品リサイクル法へのお取組み状況を把握した上で、基準値の把握から具体的な削減方法の選定等、貴社に最適なご提案をさせていただきます。

特殊品目手配サポート

リサイクル支援

処理の方法や依頼する先の企業がわからない品目でも、
すぐに手配のサポートを行います。
  • たまにしか捨てないけど、かなり費用がかかるので適正かどうか分からないcheck
  • 今の委託先業者が回収できなくなってしまい、依頼先が見つからないcheck
  • 初めて処分するので、どこに依頼してよいか分からないcheck
どんな廃棄物でも適正処理!

普段の事業活動からは捨てることはなかったごみが突発的に出る時、法改正などで現在の委託先企業様が処理を行えなくなった時など、どのような廃棄物でも適正フロー、適正金額での処理のサポートを行います。

CONTACT

廃棄物マネジメントに関するご相談はこちら

メールフォームでお問い合わせ

メールフォームでお問い合わせ

問い合わせフォームへ

電話でお問い合わせ

電話でお問い合わせ

03-5542-5300

受付時間 9:00〜19:30